自然でシンプルな美しい肌へ

美しい肌は一日にしてならず。毎日の積み重ね。

もうすぐ母の日、花束を長持ちさせる方法。

特に理由はないけど、奥さんに花束を買いました。

ここんとこ毎週末パートに出てくれている妻。

なにか、驚くことでもしてやろうと。

 

にしては小さい花束だったか。

でもビタミンカラーをたくさん使ってもらって

元気になる花束だそうです。

f:id:kenjiy:20170409041054j:plain

花束はそのままにしておくと日持ちしません。

ちょっとしたお手入れで、長持ちするんです。

 

まずは、ラッピングかと花束を分けます。

おそらくスポンジに水分がしみこませてあって

アルミホイルで巻いてあると思います。

 

それも取ります。

f:id:kenjiy:20170409041045j:plain

花束1本1本を剪定していくんですが

斜めに切るのがコツです。

なるべく多くの面積で茎が水分を吸収できるように。

 

ちなみに、剪定時に専用の剪定ばさみがあるんですが

お花屋さやホームセンターで買うと、2000円くらいすると思います。

もっと安物はあるんでしょうが。

私のおススメは、「アルス」というメーカーの剪定ばさみ。

お花屋さんが一番使っている剪定ばさみだと思います。

私、過去にお花屋さん向けの商売をしていた経験があります。

 

無事に剪定を終えたら

あとは自分の好きな花瓶に花束を入れます。

その時に、水に混ぜると花もちがよくなる栄養剤も入れます。

f:id:kenjiy:20170409041022j:plain

たぶんこのサイズは、花束を購入したら付けてくれます。

いろんな栄養剤があるんですが

たぶんこれが一番メジャーな栄養剤だと思います。

「キープフラワー」

ペットボトル1本分(500ml)にこの1袋や目安。

 

これでしばらくはきれいに花を咲かせ続けてくれるでしょう。

 

以上、もうすぐ母の日、花束を長持ちさせる方法。でした。

お母さんや、奥様に感謝の気持ちを形にしたいですね。