自然でシンプルな美しい肌へ

美しい肌は一日にしてならず。毎日の積み重ね。

病院に行くのも嫌だった。

アトピーがひどくなりだした大学生時代。

例えば、風邪をひいたとしても病院へは行きませんでした。

何故か。

 

体をみられたくなかったから。

 

今思えば

あれは、インフルエンザだったかもって思う

フラフラな状況の時が一度だけありましたが

 

行きませんでした。

家に閉じこもっていました。

 

ほんとそれくらいナイーブな状態になるんですよ。

体の全てを隠して外出したいって思てましたから。

 

夏に、海で遊んでいる友人たちがどれだけうらやましかったか。

みんなで旅行にいけることがどれだけうらやましかったか。

 

日常生活にまで支障をきたしてしまった時も

普通に、体を動かしている周りの人がうらやましくて仕方なかった。

体を動かすと、掻き傷がこわれて

激痛が走るんです。

 

希望の光なんて見えない状況が続く。

 

自分一人、青春を捨て去ったかのような。

 

それでも

状態が少しでも良くなれば、わずかな希望の光が

差し込んできたみたいに

少しずつ活動を開始してました。

 

何とか歯を食いしばって

こんな姿で自分は終わらないって気持ちで

一歩一歩進んできました。

 

それが完治につながりました。

 

あきらめなければ

絶対、どんな形かはわからないけど

希望が見えてくるはずです。