読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然でシンプルな美しい肌へ

美しい肌は一日にしてならず。毎日の積み重ね。

これをデトックスというのだろうか。

アトピー克服体験

桂文鹿さんという落語家さんの体験記を偶然、本屋さんで見つけました。

3カ月という短期間でアトピーを完治させたと書いてあるではありませんか。

30年間も苦しみ続けてこられたアトピー性皮膚炎をたった3ヶ月で完治。

 

その内容は

 

「1日4リットルのお茶を、3カ月飲み続けた」

 

というもの。そして

 

「たくさん尿として排出する」

 

という方法。        

 

寒い時期にこれだけの量のお茶を飲むのは大変な印象があります。

本の中では6月の暑くなる時期から本格的に開始し

6~8月の3ヶ月で実践されたそうです。

 

しかし、私自身もすですが

普通の生活を何十年と続けてきた人が

突然1日4リットルの水分を取れるはずがありません。

 

来年の6月まではその準備期間と捉えて

水分を多く取る習慣を体に馴染ませていくべきだと、本の中にも書かれていました。

 

文鹿さんは本の中で、飲むお茶の種類についても触れられています。

文鹿さんは「ほうじ茶」で実践をされてそうです。

 

また「ほうじ茶」以外にも、「はとむぎ茶」「ルイボスティー」をあげられています。

 

これは大量に飲むわけですから

飲みやすさ、味や香りを楽しめる、飽きない味、であることが持続の秘訣です。

極端な話、お水でもいいわけです。

 

この体験を読んでいて思い出した事があります。

 

私の実家は水を買っていました。近所のスーパーで2リットル6本入りのもの。

これをよく飲んでいました。

1日2リットルくらいは飲んでいたでしょうか。1日1本の感覚です。

汗もたくさんかいていた事もあるのでしょうが、私はお茶よりも水をたくさんのんでいたなと思い出しました。

 

たくさん飲んで、たくさん尿として排出することにより

体に溜まった不純物を取り除くという事です。

 

この方法においても、体の中から変えていくという

私の根本の考えと合致する内容で、非常に感銘を受けました。

 

何か特別な薬を使うわけではありません。

 

これまでの生活で体の中に溜まった不純物を排出する。

体が根本から元気になりそうです。