読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然でシンプルな美しい肌へ

美しい肌は一日にしてならず。毎日の積み重ね。

アトピーを完治させるために取り組んだこと。

私は、大学を6年間も通ったわけですが

よく大学の図書館に行っていました。

 

6年も通っていると、ラスト2年間は特に友達がいません。

大学の図書館は

学生もそんなにいないし

(通ってた大学はですよ)

静かで、居心地がとても良かった。

 

そこで衝撃的な本と出会います。

 

それは

温泉でアトピーを完治させたという本。

 

実際に、写真付きでいくつかの体験とともに編集されていました。

何が衝撃だったかって

その治り方ですよ。

 

写真が掲載されていた患者さんは

どれも相当な重篤のアトピーでした。

体全身が黒ずんでいて、焼けただれたような状態。

ひどい人は、髪の毛までなく

目を背けたくなるような写真です。

 

それがまったくキレイになってるんですよ。

絶対別人でしょ。みたいな。

 

もう普通の肌です。白くてキレイな肌です。

 

私は夢中になって、この本を読みました。

これがきっかけで私は

人間が持つ、自然治癒力のすごさを思い知らされます。

と同時に

自分の中に確固たる改善方法を確立します(勝手に)。

 

薬はなるべく使わないほうがいい。

それより

体の自然治癒力を最高に高め、発揮していける体を作ることが

何より重要だと。

 

もちろん、そんな重篤なアトピー患者さんが短期間で症状が改善されるはずはありません。

本に掲載されていた患者は、例外なく年単位で少しづつ体の中から変えていかれていました。

 

この温泉で治療という方法ですが

実際に病院に、温泉を運んでおられました。

個人的には必ずしも温泉でなくてはいけない、ことはないと感じました。

 

毎日、温泉に30分~1時間じっくり入って相当な量の汗をかきます。

そして毎日の薬を少しづつ減らしていきます。

あとは、普段の生活の改善です。

生活のリズムを改善し、適度な運動とバランスのとれた食事。

 

ただし

この本はかなり以前のものです。

今現在、長い間お風呂につかることがどうなのかわかりません。

むしろ良くないのかもしれません。

 

私も経験しましたが

アトピーがひどい時に、長くお風呂につかるとします。

当然体は温まり、血行が良くなります。

すると、尋常ではない痒みが襲ってくるのです。

 

これは本にも当然ながら書いてあって

それでも薬を塗ったりすることなく、じっくり治していくのですが。

 

これはある意味、根性論のような気もします。

 

それでも本の実例を完全に鵜呑みにしてしまった

(いや本当に治しているようでしたので、間違いではないのか)

私は、家でこれを実践します。

 

毎日、お湯をはって30分じっくりつかります。

 

そして、生活リズムを改善します。

朝は早く起きて夜は早く寝る。

適度な運動をする。

(私は、30分から1時間のランニングをしました)

そして食事。

これは母親が、しっかり野菜中心でバランスよくとらせてくれました。

普段も、野菜ジューズをよく飲んでいたと思います。

 

しかし、アトピー性皮膚炎に万人に効果のある治療法なんてないと思ってます。

その人その人、効果のある薬も違うし、効果が表れるスピードも違う。

 

でも根本の体を丈夫にする努力は必要で、

これが回復に強烈な後押しをしてくれることは間違いないと思うのです。

 

アトピーに限らず、どんな病気でもそうかもしれません。