読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然でシンプルな美しい肌へ

美しい肌は一日にしてならず。毎日の積み重ね。

理想的な美人顔って。

私たちは母体の中で約280日間を過ごします。

生まれてくるまで私たちの細胞は約30億倍に変化するそうです。

最初の受精卵は約1週間で子宮に着床します。

そして次の約3週間で顔の上の部分、

頭の部分からおでこの部分が出来上がります。

さらに次の約9週間で顔の中央部分、そして次の約27週間で

顔の下の部分が出来上がります。

 

例えば、最初の3週間でお母さんが緩める陰性のものを多く食べれば

おでこの部分が大きくなります。

逆に引き締まったものを食べればおでこの部分は小さくなるのです。

 

そして眉毛は妊娠して2~3か月の食べ物が影響するそうです。

この時期に動物性の食品を多く食べたお母さんからは

つりあがった眉になり

野菜や穀物を多く食べたお母さんからは

真ん中から弓なりにさがる、いわゆる理想的な眉になるということです。

 

目の位置も顔全体から見てバランスよく配置されているならば

お母さんの栄養バランスがしっかりとれていた事を現します。

 

妊娠期間中のお母さんの状態や食べ物って本当に大切なんですね。

 

とはいえ、自分の顔立ちについてお母さんと言い合いにはならいように。

この世に産み出してくれた事自体に感謝すべきなのですから。

出産を経験した人ならわかると思いますが

本当に命がけで出産はするものです。