自然でシンプルな美しい肌へ

美しい肌は一日にしてならず。毎日の積み重ね。

美しいということ。

美しさの定義

時代によって美しさの定義は変化していると思います。

顔にもお手入れにもメイクにも流行り廃りがありますよね。

平安時代には細い一重まぶたが美人の条件という時代でした。

現代では、二重のパッチリとした目が流行だったり。

 

では美しさの定義って一体何なのでしょうか。

 

その時その時の流行りの女優さんやアイドルが

その時代の「美人」顔といえるかもしれません。

 

このように美しさの定義はその時代や見る人の主観によっても

変化してしまい、あいまいなものと言えるかもしれません。

 

考えるに

美しいとは、「調和のとれた、見ていて心地がいい」

という定義が当てはまるのではないでしょうか。

大切なことは

全体のバランスが取れている

ということです。

 

そしてもう一つ。

美しいという事は、健康である。

と言えるのです。

体の状態が良ければ、顔の調和もとれ美しい肌も維持されるはずです。

正常なターンオーバーがなされているという事ですね。

 

その時代の流行りの顔やメイクがあり

みんながその顔やメイクに合わせて同じ顔になりがちです。

それは時代の流れで仕方のない事かもしれません。

 

それよりも、健康でストレスがなく

体と心のバランスがとれた状態であれば

美しい根本要因となるはずです。