読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然でシンプルな美しい肌へ

美しい肌は一日にしてならず。毎日の積み重ね。

お肌のしくみ。基底膜と真皮編

お肌のしくみ

基底膜

ダメージを受けてもターンオーバーにより元通りになる
表皮に対して、ダメージを受けてしまうと
完全には元通りにならないのが真皮です。
その真皮を守っているのが基底膜です。

 

表皮と真皮を繋ぐ基底膜は、表皮と真皮

どちらにも影響力を持っているのです。

細胞を製造する工場の基底層、

真皮を守る役割の基底膜といった構図でしょうか。

 

真皮

 

網目状に絡み合い、お肌の悩みにとても深く関わっている

繊維芽細胞。


ヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲン

などの成分を生み出し、まるで母のような役割を果たしているのが、繊維芽細胞という細胞です。


真皮は化粧品だけではケアがしにくく、

加齢とともに老化が進みやすくなってしまいます。
肌の衰えを感じた時にはすでに真皮の中で

繊維芽細胞が衰えているのです。


シワやお肌のたるみ、弾力が減ってきたなど

よくある素肌の悩みは、突き詰めていくと真皮にたどり着くんですね。

 

血液やリンパが流れている真皮こそが美しいお肌作りの重要な部分です。

皮膚細胞に充分な栄養と酸素が行き渡ることが、血行を良くし皮膚の機能を最大限に高めてくれます。

真皮の血行はお肌に息吹を与える生命線です。